海外日本人情報

【サッカー日本代表】移籍失敗!?海外で今後奮闘が求められる日本人選手の現状と今後の展望をゆっくり解説。

Jリーグや日本代表で活躍した選手が満を持して海外のチームに移籍。しかし、海外リーグでの活躍は簡単ではない。現状チームで活躍できていない3選手の今後の展望についてゆっくり解説。

今年の移籍市場でも日本人の 選手が多く移籍しましたね。

そうだね。以前も紹介したけど、

横浜・F・マリノスの岩田、 ヴィッセル神戸の小林、 名古屋グランパスの相馬などが、

Jリーグから海外クラブへ移籍したね。

みんなJリーグでは素晴らしい活躍を していたから、新天地でも 活躍してくれるでしょうね。

もちろん応援しているけど、 そんな簡単にみんながみんな 活躍できるわけではないと思うよ。

レベルの高い海外の選手たちとの レギュラー争い、監督への アピールが大切なのはもちろんだけど、

冬の移籍となると、シーズンの途中からの 加入になるから、

チームの戦い方や連携がとれている 選手たちの間に割って入ってくことは やっぱり不利だよね。

シーズンの途中に新しいチームに 溶け込むことは想像以上に 難しいんですね。

他にも新しい言語、新しい文化、 新しい生活に適応できる 能力も必要だからね。

確かにサッカー面以外でも適応力 必要ですね。

今回は、海外クラブに移籍したけど、 移籍先であまり活躍することが できなかった選手、

もしくはできていない選手たちの紹介と、 どうすれば活躍できるかなどを考えていくよ。

改善するところは改善して、 ぜひサッカー選手として 長く活躍してほしいですね。

まずは、現在スコットランドリーグの セルティックに所属している井出口を 紹介するよ。

セルティックは元マリノスのボスこと ポステゴグルーが監督をしていて、

古橋や前田や旗手などが活躍 していますよね!

そうだね。井手口は2度海外への 挑戦をしたけど、いずれもうまくは いかなかったんだよね。

でも2度挑戦をしたことが まず素晴らしいと思います!

井手口は豊富な運動量でボール奪取能力が とても高いボランチなんだ。

2016年のルヴァンカップで ニューヒーロー賞を獲得するなど、 ガンバで活躍。

ロシアワールドカップ最終予選の オーストラリア戦では、豪快な ミドルシュートを決めて、

日本をワールドカップに 導いていましたね!

そうだね。その活躍が認められ、 2018年1月にリーズ・ユナイテッドに移籍。

当時リーズはまだ2部だったから、 早速試合に絡めたんですか?

それが、イギリスの労働ビザ発行基準を 満たしていなかったんだ。

すぐにスペインのクルトゥラル・レオネサに シーズン終了までレンタル移籍したけど、

5試合しかでれず、次のシーズンに リーズに復帰するも、監督のビエルサの 構想外となったため、

ドイツのグロイター・フュルトに レンタル移籍したが ここでも満足いく活躍ができず・・・。

2019年8月、完全移籍で ガンバに復帰したんだ。

満足いく活躍はできていないですね。

復帰後のガンバでは地道に結果を残し続け、 2021年のシーズン終了後に セルティックへ移籍したんだ。

これで2回目の海外移籍ということですね。

しかし、移籍直後に悪質なタックルを 受けて戦線離脱。

その影響で序列が下がり、今シーズンに 至ってはほとんど試合に絡めていないんだ。

悪質なタックル・・・。 許せないですね!

そんな中、2023年2月7日に 期限付き移籍でアビスパ福岡に 加入することが発表されたよ。

今度はガンバではなくアビスパなんですね!

Jリーグでは結果を残しているから 期待大ですね!

そうだね。ガンバ時代は 特徴であるボール奪取で素晴らしい 活躍をしていた。

さっきも言っていたけど、 ワールドカップ最終予選オーストラリ戦の ミドルシュートは本当にすごかった。

3度目の海外移籍はさすがに難しいのかも しれないけど、Jリーグでコンスタントに 試合に出て活躍を続ければ、

また、日本代表に入れると思う。 それくらいのポテンシャルを持っているはず

遠藤や守田に負けないくらいの 日本のボランチになってほしいですね!

次はポルトガルリーグの ヴィトーリア・ギマランエスに所属する 小川諒也を紹介するよ。

流通経済大学付属柏高等学校卒業後に FC東京へ加入した小川諒也は、 クラブで結果を残し、

日本代表にも初招集され 長友佑都の後継者候補の1人に 名乗り出ていたんだ。

その活躍が認められ2022年5月、 ヴィトーリア・ギマランエスに 期限付き移籍。

しかし、ヴィトーリアではここまでこれといった活躍は出来ていない現状だと思う。

確かに小川選手の試合結果などは ネットニュースでもあまり入ってこない 印象がありますね。

そうかもね。昨年9月に2試合連続で スタメンで起用されるタイミングもあり、 ついにレギュラー定着かと思ったけど、

このチャンスでアピールができず、 それ以降はベンチを温める機会が 多くなってしまったんだ。

そんな状況だったから、ポルトガル紙で 小川の去就について

「ヴィトーリアSCを退団する。 日本に戻るかもしれない。」

というような報道も出ていたくらいだ。

でも、今回の移籍市場では、 移籍していないですよね?

そうだね。小川はまだ、このクラブで 挑戦することを選んだのだと思う。

だけど、この残りのシーズンで目に見える 活躍をしないと、ヴィトーリアに 残ることは難しいと思う。

そうですね。残りの期間は 小川にとって勝負の時間になりますね。

小川は身長183cmという身長で 空中戦に強く、外国人選手たちにも 当たり負けないフィジカルを持っている。

それに、ビルドアップの場面では 足元に技術の高さを発揮し、 クロスの精度も高い。

FC東京ではコーナーキックも 蹴っていたんだ。

小川は素晴らしい武器をたくさん 持っているんですね。

高身長のサイドバックは世界で見ても 希少価値が高いと思うし、

フィジカルとテクニックは兼ね備えてるから 活躍できるチャンスはあると思っているよ。

浦和レッズの酒井みたいに海外で長く 活躍できる選手になってほしいですね。 小川の成長に期待します!

次はフランスリーグの モナコに所属する南野を紹介するよ。

日本の10番ですね!

南野は2012年の高校3年の17歳という若さで Jリーグデビューを果たし、翌2013年には ベストヤングプレーヤー賞も受賞。

その後、2015年1月に19歳で オーストリアの強豪 FCレッドブル・ザルツブルクに移籍し、

国内リーグだけでなく、ヨーロッパ中の 強豪チームと戦うヨーロッパリーグ、 チャンピオンズリーグなどで

ゴールとアシストを量産。2020年1月に 世界最高峰のチームのひとつである

イングランド・プレミアリーグの強豪 リバプールへ加入した。

香川がマンチェスターユナイテッドに 移籍したように、日本人選手が ビッグクラブに移籍することは

とてもうれしいです。

しかしマネ、サラー、フィルミーノなどの 強力な攻撃陣の間に入ることはできず、

サウサンプトンへのレンタルもあったが、 リバプール復帰後のカラバオカップでは 5試合4得点1アシストと大活躍。

リバプールが10シーズンぶりに 優勝を果たすことができた。

間違いなくこの優勝は南野の 功績が大きいですよね!

リバプールファンにとっても、南野の 活躍は印象深いものだったのか、

優勝後に南野がカップを掲げると 大歓声で応じていたね。

あの瞬間はなんかグっとくるものが ありました。

クロップはカラバオカップで活躍した オリギ、南野について

「この旅は素晴らしいものだった。」

「タキとオリギがいなければ、彼らが 決めたゴールがなければ、私たちは ここにいなかった」

と、南野の活躍を称賛したが、

南野は重要な試合でほとんど試合に出れず 2022年のプレミアリーグでは先発は1回で 途中出場やベンチ外がほとんど。

優勝したカラバオカップ決勝でも 出場機会がなかった。

チャンピオンズリーグでも予選こそ スタメンでの起用もあったが、

決勝トーナメントでは1試合も試合に出る 機会がなかった。

リバプールの選手層が厚すぎます・・・。

実際南野も、

「僕が出る試合は誰もあまり興味のない 試合が多かった。結果を残してもそんなに 反響があるわけでもない。」

「自分自身の価値を証明するために、自分自身で奮い立たせて頑張っていた」

などど述べており、サポーターや メディアからの評価と、 南野自身が感じた手応えには、

大きなズレがあったのかもしれない。

南野も苦悩があったんですね。

その後出場機会を求めてモナコへ移籍したが

現時点ではこの移籍が成功したとは 言えない。

加入当初こそ出番があったが、個の力が 重要視されるフランスリーグで圧倒的な 突破力などの武器を持っていない南野は、

本来の持ち味を発揮することができずに 苦労している。もちろん、ゴールや アシストの数字も伸びていかない。

気づけばベンチからのスタートが 多くなってしまった。

個の能力が重要視されるフランスを 選んだ理由が分かりませんね・・・。

モナコが熱心に誘ってくれたのかも しれないけど、それ以外の理由は 分からないね。

正直、フランスリーグと南野の 相性が悪すぎる気がする。

南野はたぶん強力なFWの選手の下に 位置するセカンドトップだと 良いパフォーマンスを発揮できると思う。

かなり限定的なんですね。

そうだね。でもその配置がハマったときに 南野は輝ける。

実際ザルツブルクではハーランドがいたし、 日本代表では大迫がいた。 今のモナコにそういう選手はいない。

だけど、南野のためにチームが あるわけではないから、

南野が今後モナコで活躍するためには、 強力なFWを連れてくることが重要だね。

移籍市場はもう閉まっているから 強力なFWを連れてくることは難しいですね

となるとモナコの現在のFWである エンボロに頑張ってもらうか、

あとはフランスリーグで活躍するための 強力な個の技術を身につけることだね。

どの選手もチームに適応しないと活躍 できないですからね。南野はこれを なんとかしないと現状変わらなそうですね。

正直移籍することが一番の 解決策なんじゃないかなと思ってる。

でも先日行われたクレルモン戦では 南野の素晴らしい守備から得点に つながったね。

そうなんですね!これは少しだけ いいきっかけになったかもしれませんね。

個人的に南野が大好きだから 少し厳しめに紹介した。

厳しい状況が続くかもしれないけど 日本代表の10番として頑張ってほしい。

そうですね!南野を全力で 応援しましょう。

そうだね。今回紹介した選手や それ以外の選手も、日本の将来のために ぜひとも大活躍してほしい。

関連記事

  1. 海外日本人情報

    【海外サッカー】レアル・ソシエダってどんなクラブ? ~アルグアシル監督と久保建英の軌跡~

    今シーズン、好調を維持し続けている「ラ・レアル」ことレアル・ソシエ…

最近の記事

  1. 日本代表

    【サッカー日本代表】「三笘はスタメン」背番号10不在のウルグアイ戦、スタメン大予…
  2. 海外日本人情報

    【海外サッカー】遠藤、原口、伊藤、吉田、浅野…。鍵を握るはまたも日本人?熾烈を極…
  3. 日本代表

    【サッカー日本代表】「個で突破」「個で得点」森保監督の試合後のインタビューから紐…
  4. 海外日本人情報

    【海外サッカー】今季絶望となった冨安の来季はどうなる?引き続きSBでプレーするの…
  5. 海外日本人情報

    【海外サッカー】ブンデスリーガの外国人選手の統計を調べたら実は日本人選手が凄すぎ…
PAGE TOP