海外サッカー

【海外サッカー】かつての日本代表指揮官が続々とアジアの国の代表監督に!?ハリルホジッチが韓国代表監督に立候補?をゆっくり解説!

かつて日本代表を率いたトルシエ氏がベトナム代表の監督就任が濃厚となった。

加えて、ハリルホジッチ氏も韓国代表監督に名乗りを挙げたとの報道も。

かつて日本を率いた名将達は日本の強敵となって現れるのだろうか。

最近、日本のサッカーファンにとっては、 とても懐かしい名前がニュースになって いたね。

一体誰でどんなニュースですか?

元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏が ベトナム代表監督就任濃厚というニュース だよ。

めちゃくちゃ懐かしい名前ですね。日本を 初めてワールドカップ決勝トーナメントに 導いた名将ですからね。

日本代表の監督を退いてからも、マルセイユ を始めとしたクラブやモロッコ代表監督など 様々なチームを率いているね。

確か2019年からはベトナムU-19代表監督を 務めていましたよね?

そうだね。アンダー世代から関わっている 点からもフル代表の監督に相応しいという 判断なんだろうね。

ベトナム代表と言えば前監督のパク・ハンソ 氏も何かと話題の人物でしたね。

『日本嫌い』で有名だったからね。 ワールドカップ予選の試合最中の松井大輔氏 暴露には驚いた人も多いんじゃないかな?

解説中にあんな暴露話するなんてそうそう あることではないですからね。

パク氏はフルとU-23を兼任していたので そういう人物を交代させるというのは かなり大きな決断と言えるね。

裏を返せばそれだけトルシエ氏に賭ける思い も大きなものがあるのでしょうね。

報道ではパク氏の年俸7,800万円を大幅に 上回る2億6,000万円と言われているね。

これはベトナム代表監督史上最高額との ことだよ。

凄い金額ですね。ベトナムサッカー協会の 本気度が伝わってきますね。

次回のワールドカップからアジアも出場枠が 大幅に増えるからね。何としてもチャンスを 掴みたいところだろうね。

いずれは日本代表の敵として相対する日が 来る可能性も高いかも知れませんね。

間違いなくどこかで対戦の機会が訪れる だろうね。そして、もう一人。元日本代表 監督がある国の監督候補に挙がっているね。

ハリルホジッチ氏の韓国代表監督就任の 可能性があるという話ですね。

その通り。まさかの報道に驚いた人も 多いんじゃないかな。

正直私も驚きました。

韓国代表はカタールワールドカップ後に パウロ・ベント氏が退任。今年に入っても 後任が決まっていない状況だね。

一応、ビエルサ氏やチッチ氏といった名前が 挙がってはいるもののこれといった進展は ないみたいだね。

随分、ビッグネームが挙がっていますね。

ビエルサ氏に関しては日本でも後任として 名前が挙がっていたからね。代理人の売り 込みによるリークかも知れないけど。

でも、そんな中でどうしてハリルホジッチ氏 の名前が出てきたのでしょうか?

ボスニアヘルツェゴビナのメディアである 『SportSport』が報じたことがきっかけで 同メディアは、

彼は韓国代表監督に就任すべく、KFAに 自己アピールの履歴書(経歴書)を送った

というニュースを報道。ライバルの1人が ビエルサだとしつつ、

韓国はカタール・ワールドカップで 小さな奇跡を起こした。 現在はパウロ・ベントの後任を探索中で、

ハリルホジッチがみずから立候補した 格好だ。かつて日本代表で結果を残しており アジアでの仕事に精通している。

と日本を引き合いにだして報道しているね。

ライバルがビエルサとはずいぶん踏み込んだ 内容ですね。これについて、韓国ではどの ような反応があるのでしょうか。

韓国の『STN SPORTS』は

ベントとはまるで異なるスタイルを 志向する監督だ。

激しいプレッシャーとフィジカルコンタクト を選手たちに求めるが、韓国代表との相性が 決して悪くないとの意見もある。

といった感じで冷静な姿勢での反応が 寄せられているね。

確かに、ボールを保持しつつ主導権を握って 最終ラインからビルドアップで攻撃を組み 立てるベント氏とは異なりますね。

そうだね。だけど、韓国人選手はスタミナや フィジカルの強さを持っている選手も多い からハリルホジッチが合う可能性もあるよ。

そういう点では韓国代表にはうってつけの 人材かも知れませんね。

だけどハリルホジッチ氏に関しては、 懸念も多いからね。

やはり途中解任が多いということですか?

そこしかないね。これまで。2010年の コートジボワール代表、2014年のアルジェリ ア代表、2018年の日本代表、

そして2022年のモロッコ代表と過去4大会 連続で率いた国を本大会へ導いているね。

しかし、そのうちアルジェリア代表以外は 全て本大会前に解任となっていますね。

それもすべて選手との軋轢が生まれたこと が原因となっているから少し厄介な点とも 言えるね。

コートジボワール代表では、2008年に就任 してから難なくワールドカップへの出場権 を獲得。

しかし、アフリカネーションズカップの 準々決勝でアルジェリアに敗れたことで その責任を取る形で解任となったんだ。

それってワールドカップ直前ですよね? なかなかそのタイミングで解任とはリスキー な選択な気もしますが。

さらに、ハリルホジッチ氏就任以降この試合 が初めての黒星だっただけに本人からすると 腑に落ちなかっただろうね。

2年間負けなしで負けたら解任なんて本人 からすると納得いかないでしょうね。

2018年には、皆さんも記憶にあると思うけど 日本代表でもワールドカップ本番を前に 『選手とのコミュニケーション不足』

を理由に解任されているね。実際、戦術面で 意見をした選手の出場時間が減るなど所謂、 選手を干した可能性も高いと思われるね。

あの時はかなりゴタゴタした印象でしたね。

実際に本大会直前の親善試合後に戦術面に 不満を漏らす選手がちらほら居たからね。

詳しくは取り上げないけれど、少なからず 選手や協会と良好な関係ではなかったという ことは間違いないだろうね。

この後もモロッコで同じように大会直前に 解任されていますからね。

しかも、日本はベスト16、モロッコは ベスト4とそれぞれ本大会で結果を残して いることも皮肉と言えますね。

そうだね。日本でもモロッコでも代表の主力 選手との関係が上手くいってなかったと 言われているからね。

ハリルホジッチ氏はスター選手でも規律や チームを乱す行為をすれば厳しく対処する タイプの監督でもあるからね。

そうなると、実際に韓国代表監督に就任した 場合でも同様の問題は起こる可能性は高い と言えますかね。

十分にあり得る話だと思うよ。 韓国には絶対的エースのソン・フンミンが 居るからね。

万が一、彼との関係が上手くいかず試合で 使わなかったり、招集しないとなると かなり批判を受けるだろうね。

日本とは比べ物にならないくらい叩かれそう ですよね。

実際にカタールワールドカップが終わった 直後でもネット上には、

これでベント監督がどんなに強情でサッカー を知らないかが分かった

イ・ガンインを先発に起用せず、交代要員に してばかり。韓国国民を怒らせようとして いるのか。

といった非難の声も多く見られたからね。

ベスト16に進出してもなかなか厳しい声を 向けられていますね。

当然、ベント監督を擁護する声も多数あるし こういう批判はどこの国でもあると言えば あるものだからね。

ただ、今までの国と同じようにスター選手を 干すことになると結果が出ない時にかなり の批判を受けてしまうだろうね。

ただ、国民性としてかなり激しい怒りを ぶつけるところがあるから個人的には 合わないと思うけどね。

確実に揉め事が起きそうな予感はしますね。

とは言っても率いた国をすべて本大会に 導いていることやサッカースタイル的に 見ると魅力的ではあるかも知れないね。

日本を率いてアジアも戦っていますし、 アジアでの戦いを熟知しているという点も 大きいと言えますね。

後は日本を率いた監督を韓国代表が受け入れ るかということも少し疑問ではあるね。

アジアのライバル同士ですし、その辺りは プライドもありそうですよね。

ここまで就任を前提に話はしたものの、 あくまでハリルホジッチ氏から韓国への アプローチがあったのではないかという

報道で止まっているからね。 完全な飛ばし記事かも知れないし、続報が ない限りはなんとも言えないね。

しかし、ここにきてまだ決まっていないと なるとかなり慎重に選んでいるということ でしょうか。

その可能性は高いね。次回のワールドカップ では出場枠が増えることが決まっている。

日本もそうだけど、韓国も出場が目標では なく本大会での最高成績を上回ることが目標 となるだろうね。

日本で言う新しい景色ですね。

なので監督については、より代表を高い レベルに引き上げてくれる人材が必要と されると思うよ。

アッと驚くビッグネームが就任する可能性 もあるかも知れませんね。

そうだね。ただ、一方でかつて日本を率いた 監督が敵となって日本とどう戦うのかという のも見たい気もするけどね。

そうですね。ハリルホジッチ氏も含めて アジア最大のライバルにどんな監督が来るか 楽しみでもありますね。

関連記事

最近の記事

  1. 日本代表

    【サッカー日本代表】「もう無理」「なぜ呼んだ?」「三笘ならできる!」ウルグアイ戦…
  2. 海外日本人情報

    【海外サッカー】原口電撃移籍でシュトゥットガルト2年連続の残留争いを救うのは今年…
  3. 海外日本人情報

    【海外サッカー】鎌田の移籍先はドルトムントで決まり!?ドルトムントが最高のステッ…
  4. 日本代表

    【サッカー日本代表】ウルグアイ戦で偽サイドバック、インナーラップら積極的なトライ…
  5. Jリーグ

    【日本代表サッカー】J2からは選手は呼ばない!日本代表正守護神が代表落選の危機!…
PAGE TOP