日本代表

【サッカー日本代表】森保第二次政権、コロンビアと対戦決定!招集して欲しいコロンビアの注目選手、そして日本代表への招集選手の展望をゆっくり解説

3月の親善試合、片方の相手はコロンビア代表に決定! W杯出場を逃すも2021年のコパアメリカでは3位に入った南米の強豪の注目選手は? 三笘、久保の招集は?森保第二次政権の貴重な新全試合の展望をゆっくり解説

森保第二次政権、そして2023年の 対戦相手が決まったね!

おお、どこになったんですか?

南米の強豪であるコロンビア。 カタールW杯こそ南米予選で敗退し、 出場できなかったけど良い相手だね。

コロンビア、何かと縁がありますよね!

そうだね、対戦回数こそ過去4回と 多くはないんだけど、2014年、2018年と W杯でグループで同じ組に。

2014年はハメス・ロドリゲスなど いいようにやられて1-4と大敗したけど、

2018年には大迫の勝ち越しゴールなどで 見事勝ち点3をもぎとった。親善試合 とはいえ、2018年の再現を狙いたいね。

ですねー。今のコロンビア代表は どんなメンバーがいるんですか?

国際Aマッチデーとはいえ、親善試合。 どこまでのメンバーが集まるかは 少し不明確だけど、南米予選を参考にすると

まずはプレミアに所属している主な 選手で言うと、まずはDFの ダビンソン・サンチェス。

トッテナムで長くプレーし、時には キャプテンマークを巻く事もある フィジカルに優れた選手だね。

強度、スピード、ジャンプ力など フィジカルについては世界でも トップクラスといってもいいんじゃないかな?

トッテナムに移籍する前のアヤックスでは DFながら6ゴールを記録。パス本数も リーグ最多と攻撃面でも光るものがある。

トッテナムの3バックと言えば、 ロメロ、ダイアー、ベン・デイビス、 ラングレ、そしてダビンソン・サンチェス。

この中で確固たるスタメンという形には 至ってないけど、2018年のW杯には 当時22歳ながら全4試合に出場してた。

日本戦でもスタメン出場してたから 覚えてる人も多いんじゃないかな?

日本人になじみがある選手と言えば リヴァプールのFWルイスディアスの方が 馴染みがあるかもしれない。

ちょうど1年前にポルトから移籍。 当時は南野もいてチーム内でしのぎを削った。

昨季のカラバオカップ制覇に貢献し、 決勝ではMOMの活躍。加入直後から リヴァプールの大きな武器になっていた。

覚えてます!南野の出番が少し減って しまったのが正直なところ残念でした…。

それぐらい優秀な選手という事だね。 ただ今季は膝の負傷もあり戦線離脱中。

3月に復帰予定との事だから、間違いなく 親善試合にはこないだろうけど、 コロンビアの攻撃の核となる選手の1人だよ。

あとは若手でいうとアストンヴィラの ジョン・デュランも注目したい選手だね。

この冬移籍してきた19歳の若手FWは 前節のレスター戦でプレミアデビュー。

大柄な体格と独特のタッチで違いを 作れる選手になるんじゃないかな。

移籍金は30億、今後の活躍によっては この金額が何倍にも跳ね上がるかもしれない。 もし招集されたらみてみたいね。

それ以外にもボーンマスのMFレルマ、 エヴァートンのDFミナ、リーズの MFシニステラなんかもいるね。

色んなポジションにいますね…。 プレミア以外のリーグだとどうでしょう?

そうだね。馴染みがある選手といえば ブンデスリーガのフランクフルトに 所属しているFWのボレ。

鎌田や長谷部のチームメイトですね!

昨年EL制覇した時に同点に追いつく 貴重なゴールを決め、PK戦でも 最後のキッカーを見事務めた。

あの選手ですね!覚えてます!

昨シーズンは31試合に出場し、8ゴール。 ELでも13試合に出場し4ゴールと両方で 貢献したものの今季は少し元気がない。

昨季は移籍1年目でチームに馴染む時間も 必要かなと思ってたらこの数字、今季は エースとして活躍するかなと思ってたけど…。

代表戦以外では鎌田や長谷部らと 暴れて欲しいですけど…笑

鋭い動き出し、そこからワンタッチで ゴールを決めるような能力をもっている 選手だけにここから奮闘に期待したいね。

もし鎌田とボレが招集されれば、 チームメイト同士の戦いになるわけですね! 楽しみです!

それ以外の選手だとユヴェントスに 所属しているベテランのクアドラード。

チェルシーでは苦しんだものの、 ユーべに移籍してからはセリエA制覇に貢献。

チャンピオンズリーグの決勝にはじめて 出場したコロンビア人としても有名だね。

ただ日本人にとって何より印象的なのは 2018年での長友とのマッチアップかな。

2014年、コロンビアに大敗した日本代表は この試合でクアドラードにPKを決められ、 さらに後半には3失点を喫して大敗。

2018年では長友がクアドラードを 完封し、チームも勝利。試合中の 長友のガッツポーズは印象的だったね。

両国とも4年後を見据えたメンバーになる としたら2人ともいない可能性は高いですが、 とって代わるような選手を期待したいです!

ざっくりとした紹介になるけど、 コロンビアの有名選手はこんなところかな。

もちろん、日本に来るメンバーに ここに挙げた選手が含まれない事の方が 多い気はするけど…。

それでもなんとなくイメージは伝わりました。 南米ってやっぱり強いイメージがあるから 不安はありますね…。

日本は昔から南米の相手を苦手と しているよね。前回の2018年W杯では コロンビアに勝ったものの、

この勝利がW杯では南米勢からあげた 唯一の勝利。ブラジル、コロンビア、 アルゼンチン、パラグアイ。

これらの国に苦杯をなめさせられてきた 過去があるから、苦手意識を持つのは なんとなく理解できるんだけど、

これは日本に限った事でもないんだよね。 アジア勢は基本的に南米に弱い。

カタールW杯がはじまる前までは W杯の歴史でアジア勢が南米勢に 勝ったのは日本のみ。

え、コロンビア戦で勝ったのが 対南米の初勝利だったって事ですか?

そう、アジア勢はとにかく南米が苦手。

でもカタールW杯ではサウジが アルゼンチンに勝ったのは記憶に新しいし、

韓国もウルグアイから勝ち点をあげ、 さらに激しい争いの中でグループを突破。

アジア勢の苦手意識もこれで なくなっていけば良いんですけどね。

さらにいうと、オーストラリアは 南米との大陸間プレーオフにて 南米のペルーを破って本大会出場。

確かに…。

コロンビアは南米予選でペルーに 僅か及ばず、プレーオフに辿り着けなかった。

そうやって考えれば、今の日本にとって コロンビアは恐れるに足らず、ですね!

そんな単純な話でもないけど、 普通にやれば良い勝負はできるはずだよ。

ただコロンビアはW杯の出場こそ逃した ものの、2021年のコパアメリカでは グループをしぶとく勝ち上がると、

決勝トーナメントではウルグアイを PK戦の末に破り、さらにベスト4の アルゼンチン戦でもPKまでもつれ込んでる。

アルゼンチンには敗れたものの、 3位決定戦ではペルーを破って3位に なっているように地力のある国。

そういう意味ではかなり苦しんでた みたいなんだけど、良いマッチメイクを してくれたよね。

ですねー。反町さんに感謝。

世間の反応もさまざまだけど、 対戦相手にはおおむね満足という感じだね。 いくつか紹介すると、

「両方がベストメンバーなら面白い 対戦相手なんだけど、問題はどこまで 招集するか、またしてくれるか」

「観たい気持ちはあるけど海外組は できたらクラブを優先して欲しい…」

「選手よりも監督の戦い方やコーチ陣の 考え方が垣間見れるような試合を期待」

「嬉しいのは嬉しいが、怪我だけが心配」

「三笘、久保。代表で中心といえなかった 選手たちを中心に組むなら初戦から 呼ぶという意志を見せた方がいい」

「今までの貢献度は分かってるけど、 30歳以上の選手はもう呼ばないで」

「海外で活躍している選手たちは アジアカップやW杯予選以外は呼ばないで。 その分新戦力を試して欲しい」

「ターンオーバーを本気で敷くなら 層の厚さが必要。国内組、海外の 出番のない選手でやって欲しい」

「海外組の話題の中心は間違いなく 三笘。そして久保や鎌田。こういった 選手を呼ばない選択肢はない」

「コロンビアがB代表レベルの選手しか こないならば、こちらもそれに付き合う 必要はない。相手次第で柔軟に」

「三笘にとってこの日程はきつすぎるな」

やっぱりコンディションを気にする 声が多くありますね。

特に今注目されてる三笘なんかは ここからが正念場。ブライトンをどこまで 押し上げられるかで来季が決まるからね。

それに3月23日、28日という日程も結構 厄介なところだね。

というと?

プレミア、ラリーガ、どこの海外のリーグも その辺りから終盤に差し掛かってくる。

例えばプレミア首位を走るアーセナルは 勝ち点を落とせない試合が続くし、さらに ELのベスト16とベスト8の間の日程。

これはELで勝ち残ってるソシエダも そうだね。EL出場圏内に残ることを 考えると勝ち点は落としたくない。

フランクフルトもブライトンも、 日本代表の主力になる選手たちが 所属してるクラブ全てそうですね。

ブライトンはヨーロッパで戦って いないので少しだけマシだけど、

3月19日の現在3位のユナイテッド戦を 皮切りに、現在7位のブレントフォード、 現在5位のトッテナム。

現在9位のチェルシー、現在2位の シティと上位陣との星の取り合いが 連戦で行われるんだよね。

その間に代表戦も入ってくるって事ですね…。

日本代表は選手の中でも高い モチベーションになって欲しいし、 またなってると思うんだけど、

だからこそ起用する側には 選手のキャリアも考えて運用を して欲しいところだね。

ですね、新戦力の発掘と割り切って やってもらうのもこっち的にはありですけど!

そこは興行の面もあるから、やはり 完全に割り切るのは難しい。

ともあれ、実りのある親善試合に なる事を期待しよう!

怪我だけは避けて欲しいですね…。

関連記事

最近の記事

  1. 海外日本人情報

    【海外サッカー】三笘の年間ベストゴール級スーパーゴールでブライトンがリヴァプール…
  2. 日本代表

    【サッカー日本代表】日本代表の公然の秘密である”背番号10の資格”第二次森保政権…
  3. 海外日本人情報

    【海外サッカー】三笘薫が止まらない!「スピードとスキルにほとんど対応できず」 ド…
  4. 海外日本人情報

    【海外サッカー】ペップ采配ズバリ!首位決戦はマンチェスター・シティに軍配~冨安先…
  5. Jリーグ

    【日本代表サッカー】J2からは選手は呼ばない!日本代表正守護神が代表落選の危機!…
PAGE TOP